さよなら403

青い電車の最後の駅、歩いて10分グレーのマンション

わたしたちはそこで1年間を共に過ごした

嫌な思い出しか残っていないと思っていた

最低最悪なわかれかたをした

終わりよければすべてよしとはよく言ったもので、終わりが悪かったので全て悪いのだとまさに今日まで思っていたわけである

インスタグラムに投稿された最後の一枚が切なかった

わたしたちが暮らしてきた、猫のいたあの部屋、もう戻ることのできないところ

 

あ、嫌な思い出ばっかりじゃなかったなと一瞬にして思った

水色のソファで数え切れないほどご飯を食べてたくさん笑った

あの部屋のあのベッドで何度も泣いた

帰ってきた時ご飯の匂いがするのがすきだと言っていたこと、休みの日に外に出るのはめんどくさくてサッカーのゲームをするのがすきな人だった

仕事終わりに行ったもんじゃ焼きやサムギョプサルがひたすらにおいしくて、お疲れ様と言い合えるのが嬉しくて幸せだったこ

 

うまくいけなかった

わたしは最後までぶつかり合うことから逃げた

人をズタボロにして流れてまともをなくして風俗嬢になった

会うことのなかったひとたちに会った

彼はもうあの部屋にいないしわたしも以前のようにはなれない

いいようにも悪いようにも変わっていったわたしたちは最悪な思い出も楽しかったこともすみに置いて前に進むんだと思う

交わることはないところで生きていく

彼はまた新しい恋をして今度はきっとしあわせになる

これから先、知ることはなくともどうかそうであってほしいと最後に思った

さよなら大宮、403号室

 

 

 

 

メンヘラ卒業式 〜メンヘラのなおし方2〜

そういうわけでなんかもう空腹すら感じず、死ねる死ねると唱え首を吊り続けて五日間を終えた。

まあ当然ながら痩せたがもちろん煩悩は消えるはずもなく食欲しかなかった。サイコロステーキ食べた。

ちなみに、来世もぽいぽいしてで会おうねと大泣きする私に、今世で生まれ変わっていい女になったら戻ってこいと言い放った元彼氏からはこの間も普通のラインがき続けていた

もちろん1日数回くる彼のラインに生かされていたことは言うまでもない

 

しかしその五日間私の脳裏にはいい女って何、、、、?という疑問しかなかった

そしてついに察した(遅い)とりあえずメンヘラはいい女どころか普通の人間以下、、、、アッもしやメンヘラやめないと復縁できねえな!?

とまあそうして深夜に泣きわめくのはやめて何とかメンヘラをやめる方法を考えた

ちなみにここからくそまじめにハウトゥーメンヘラ更生モードに入るので興味のないかたはそっとページを閉じたらいいと思う

彼氏に振られただけで首吊りするバカなので解決策を思いつくのに2日ほどかかったがおそらく自己肯定をできるようになればいいのではないかと思った

自分を自分で認められていないからこんなのを好きと言ってくれる人に依存してしまう

だめな自分を好きだと言うのはこの人だけだと思い込み、重いことを言い続け溢れんばかりの愛を押し付け挙げ句の果てに振られたらもうわたしを必要としてくれる人はいないのだ、死のう!と首吊りまでする

全ての原因は自分を認められないことにあったんだなあと思った

 

いやまあずっと前からわかってたんだけどさ

考えることを避けてきた、根本はおそらく母親との関係にある

母に愛されていたのかわからない、愛情の注ぎ方も受け止め方もわからない

解決するには母と話すしかないのだと覚悟を決め断食5日目、わたしは母親に会いに行った

5年ぶりのぎこちない会話だったけど後悔よりも今や先の話をして別れた。

この人や家族に愛されていたんだと思った

 

そこからさらに友人や先輩と会ってめしを食ったりしているうちに徐々にメンヘラというやまいは快方に向かっていった

少なくとも母親には愛されているという自信はわたしを強くしたし、悪いところは言わずにいいところだけ教えて!と無理すぎるお願いを聞いてくれた友達たちのおかげで今の自分のここは良いのだという所もわかった

そして祖父の急変や慶應通信に受かったことなど環境の変化もあり、わたしはやっと人生で初めて自分一人だけで叶えられる目標を持った

今までの目標は全部付き合っている彼氏と結婚して普通に暮らすとか、こういう人と付き合ってこういう暮らしがしたいなどどこかしらに他の誰かが含まれていたが、医者になって稼いでルブタンを買うというのはわたしが努力して一人で叶える目標なのである

 

そうして気づいたらメンヘラがなおっていた

あんなに待っていた元彼氏からのラインが重要でなくなった(今はもうやりとりを終わらせた)

かまってくれる男性に自分からラインすることはなくなったし、一人は意外と楽だと知った

彼氏がいなくても別に生きていける、とこの5年間で初めて思った

いまも似たような香水の香りや行くはずだった秋の花火大会のことを思い出すとちょっと悲しくはなるけど、泣きながらでも少しずつ前に進むんだなと思う

 

まあまとめられるはずもないんだけど、無理やりまとめると彼氏以外で自分のことを認めてくれる人を増やし、もちろん彼氏というか誰かでしか埋まらないものもあるけれども、他に向ける心の面積が広ければ広いほどそのへこみは全体に対してちいさくなっていくわけで、(言葉にするのが難しすぎて図にしたバカ)

f:id:kgkgokg71:20171017225040j:plain

という一般ピーポーが当たり前のようにやっているであろうことをドヤ顔で書いた

なんかでも、こういうこと元彼はもっといろんなことやりなよって教えてくれてたなあと思う

まあようは他人のアドバイスや意見をいいことも悪いこともちゃんと受け止めないといけないんだなあ

という今回だけでも1600字で死ぬほど当たり前のことを書いて終わる

メンヘラ及び恋愛依存卒業おめでとうヤスノ

ちなみにメンヘラはいつ何時誰が罹るかわからない病なのでこれをみてゲラゲラ笑っているであろうそこのおまえも気をつけたほうがいいですよ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メンヘラ卒業式 〜メンヘラのなおし方1〜

よう、お前ら!調子はどうだい死にたいかい!?

ヘイヘイヘーイ誰がメンヘラだって?ヤスノかい!?残念だなメンヘラなあいつは死んだよお嬢ちゃん!!!!!!

 

くだらん出だしをしてしまって早くも消えたいがまあ元気出すわ。

そう、メンヘラ治ったの

もうメンヘラなヤスノはいないよごめんな、、、、、、

なのでメンヘラ卒業式を行いたいと思います

とりあえずなんか最近驚くほど閲覧数が増えたのでブロガー気取りで自己紹介しますね

 

若い女。5年間ほぼ途切れることなく彼氏がいる。あと基本的に顔がメンヘラ。謎に2年次に高校を中退し通信に転校する。卒業後アパレルに就職し1年ほど勤務するも謎にハワイに旅立ちただメンヘラを悪化させ帰国する。このころこじれにこじらせた上で婚約者と別れ人生が狂い出す。

摂食障害になり、もう現実ムリィと言いティンダーを始め1ヶ月で50人ほどと会い腹パン(受け)や乱行などに日々勤しんでいた

頭の悪いビッチなので50人ほとんどとゴムなしでセックスをし性病をこじらせ腹膜炎にかかり一週間入院をして父親に17万円の損害を負わせる。

その後セフレから昇格し彼氏ができたが4週間ほど前に交際1ヶ月でメンヘラすぎて振られた。

終わりです

 

よし、メンヘラのなおし方かくぞーー!!!!目を皿にして見ろ世のメンヘラども!!!

ちなみに彼氏に振られたから首つるような重度のどメンヘラがやっと一般人にまぎれこめるレベルの話で普通の人からするとただの当たり前のことしか書いてないのでご了承ください

 

さかのぼること4週間前、ベランダで首を吊りつつ大泣きし鼻水を垂らし白目をむいていた(メンヘラ度★★★★★)

あ、ちなみに座りだしいつでも死ねから今じゃなくてもいいと思うために首吊ってるので死にたいわけじゃないの信じて!?

その日の数日前から病みに病みもうあなたと一緒にいるの疲れたと言ったところめちゃくちゃにもつれ、もう別れるの????ねえ!!!!!!と彼氏の家で4時間ほど泣きわめき、当然ながら振られて彼の自宅から我が家まで永遠に涙を流し帰宅した(★★☆☆☆)

家に着き、現実から逃れるべくとりあえず睡眠剤をあるだけ酒で飲みねむったが、当然ながら寝たところで何か変わっているはずがなく深夜3時ベランダでコレサワのたばこを流しつつあああああああああああん別れたくなあああいいいいいいいひいいいいいいいああああああああああああ(忠実に再現)と泣きわめいた(★★★★☆)

翌朝目を覚ましそうだ煩悩を捨てようと断食をすることを決め本当に何も食わずに深夜3時にコレサワを聞きベランダで泣きわめく日々を5日間過ごした

 

ちなみに当然だがこの時点でメンヘラは1ミリも治っていない。

キモいぐらい長くなりそうなのでとりあえず起承転結でいうと起までしか書いてないけど寝る。

 

 

 

 

 

松潤鼻の下長すぎだしそこはどこ富山?!?!?!!!??富山!!!???

大好きな島本理生ナラタージュが映画化されたので渋々見に行ったがあまりにもひどかったので怒りに任せて書く。

完全にネタバレなので嫌な奴は見るな

まず初めに弁解しておきたいのですがファンかと言われればファンではないが松潤のことも坂口健太郎のことも全く嫌いではない

 

と、とやま?!え、富山?!?!

とりあえず第一の感想。なぜか妻の実家は東京、そして話の舞台は富山

ワーイ????????????どうしてトヤマ????死んでしまえ馬鹿!!!!!!!

原作は大して長くないはずなのにはしょりすぎ

意味のわからない海辺で葉山先生の過去を話す時間があるならもっと入れるべきシーンはあるだろうと構成した人間の胸ぐらを掴み小一時間問い詰めたい

海辺歩きながらちんたらちんたら話したくせに精神がおかしくなる前に妻がただ一言不安だと言ったことは言わねえし葉山仕事しなすぎ。海辺の意味ねえし。

おおもとからして泉がやっと結婚するとなったのに葉山先生が未だに泉の写真を持っているという事実を知るというところも、葉山先生と人生で最後のさよならをする時に駅の反対側のホームで先生が立ちすくんでいるところも、泉が高校時代飛び込み自殺をしようとしたのに先生を見つけて死ねなかったところもまっっったく触れられていない

そんなわけで根本をはしょりすぎて、泉は先生にいじめから救ってもらっただけで好きになっちゃった!大学に入ってもまだすきなの!!みたいな感じだし葉山先生は色々あって別居してるけど妻がいるのにJKに手出しちゃってズルズルいっちゃったクソ男なのでところどころ原作に忠実な描写があってもサイコパスにしか見えない

お風呂場で先生の髪を切るところで妻と実は離婚していなかったと知った泉がシャワーを振り回すシーンなど急に髪の毛流さないとだめですね、と無表情につぶやき着衣のままをブンブン振り回すのでえっこいつ先生のこと熱湯で殺すつもりかよと心配になったし、坂口健太郎のいい人から急にメンヘラになる演技は良かったが、なんかもうとにかくはしょっているので小野くんがただの重くて怖い男にしか見えないし、謎に靴作りたい奴な設定になってるし意味がわからなかった

そして演劇の練習のシーンもほとんどないからもう在学生のやつらはほぼ脇役なんけど柚子ちゃんを殺さないと物語が終わらないため最初から柚子ちゃんの死亡フラグは立ちまくるし何を取っても最悪

やっぱり葉山先生のところに行きたいと言い小野と別れるシーンで泉は小野くん特製シューズを取り上げられてしまったので謎に徒歩で真冬に裸足で葉山先生のところに向かい、ようやく会えてあなたに呼ばれた気がしたんです、、、!という感動の場面でももう寒そうだから靴下くらい履かせてやれという感想しか出てこなかった

もう映画化にあたって追加された全ての設定が邪魔でしかないし何よりも先生がくれた懐中時計に幸せであれと彫ってあることに腹が立って仕方がなかった

好きな人から何かもらったら隅から隅までながめるだろ!??!?!!!?なぜ何年も持っていてでかでかと彫ってある文字に気づかない??

もう全部嫌。1200字なんかでは全く書き足りないほどの文句であふれている

衣装はダサいわエロシーンだけはいっちょまえだわナラタージュは官能小説ではありません!!!!!!!!!!!!!!!

しかも開始10分ほどで松潤の鼻の下の長さに気づいてしまいもう葉山先生というより鼻の下を見ている気持ちだった

坂口健太郎はなんか口元もごもごしてるし有村架純はおにぎりフェイスだしもう無理

唯一柚子ちゃんがむちゃくちゃ可愛かったのが救い

悪口しか出てこない

映像化しないほうがよかった小説第1位にむこう500年は輝けるのではないかと思った

 嵐ファンに死ぬほど叩かれそうなのでもう一度言うが松潤のことは嫌いではない、ただ彼は葉山先生じゃなかったの

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ビッチ、医学部受験する

めちゃくちゃ真剣なブログなので最初にポエムモード挟みますね

薬指はいつだって光らせていたかったし自分のじゃない鍵がほしかった

誰かのものでいたくて首元のキスマークに安心していた

 

 一人で生きていけると思った

まあ要は散々浮かれポンチだったけど彼氏に数週間前に振られたという話なんだけど

今までは彼氏、もしくは構ってくれる誰かがいないと生きていけないと思っていたしそれでもまあいっか、若いうちに若さだけで結婚してくれる人を探して他人にルブタンを履かせてもらお、他力本願さいこー!とアホのように思っていた

しかし19年ほど気づくのが遅いが彼氏に振られ、もう悟りを開こうと自暴自棄になって5日間ほど断食したところ本当に悟ったのだ(大げさ)

あれ、自分でルブタン買う方が楽しくね?

よく考えたら他人に買ってもらったルブタンの何がいいのか

そしておれはルブタンを買ってもらえるほど素敵な人間なのか、ジ アンサーイズ オフコース ノーである。ファック。

あ、自分でルブタン買お。あとビンテージのシャネルも買うし高級なキャットフードも買お

KBFはもちろん毎シーズン好きなの買うし、GUなんて端から端まで全部ちょうだいである。

というわけでビッチ、医学部受験をします

本日津田沼の祖父母に私医学部受験するわあ!とわざわざ言いに行ったところ豆鉄砲を食らった鳩のような顔でメガネをずらしにずらし、んんええええ!?と椅子からずり下がり昭和の芸人のようなリアクションをしていたがみなさまも同じ顔をしているのだろうか

なぜ医学部そしてお前は入れるのか

もちろんノー!!!!!イェーーーーーーーイ!!!!!!

 

まあ本当のことを言えば苦しい祖父の隣で泣いているだけの自分が心の底から憎かった

そしてこのまま生きていった場合の、津田沼の祖父母や習志野の祖母、そして両親の隣で指をくわえて泣くだけであろう自分がありありと想像できた

そんなのは嫌だ

大事な人が死んでいくのをただ泣きながら見ているなんてたまったもんじゃねえ

いいかお前らこれは宣戦布告である(謎)

私は遅くとも1年後医学部受験をし絶対に医者になるぞ

 

さすがにボンボンでも医学部にコネはないし高校を中退し3年も勉強していない私がそう簡単に医学部に入れるとはもちろん思っていない

もちろん、慶應通信ぽっと受かったから医学部も頑張ればいけるっしょーという話でもない

中退とはいえ偏差値のそこそこある高校に入れたのも、慶應の通信に受かったのも環境や運が良かっただけだし

だけどこの先もう誰かにすがって生きていきたくはないのだ

本音を言えばド深夜にコレサワのたばこを聞いて泣きわめきたいし、ティンダーでぽいぽいし続けたいけど、もう振られた死にたいとめそめそしている時間も見知らぬ誰かとのやりとりに費やす時間もない

勉強なんて想像している何十倍も何百倍も大変で辛くて泣きたいことはたくさんあると思うけどもうタラタラしてはいられない

祖父はこうしている間にも命を落とすかもしれないし両親だって急に死ぬかもしれない

というわけで19歳ビッチ、医学部を目指し死ぬ気で頑張るぞ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いぬと正月のゆめ

隣にいてもなんにもできないってなんなんだろうとか考える
言い訳がましいことを言うとこういうのを書くのは誰かに聞いてほしいとかそういうわけじゃなく気を紛らわすためだけなんだけど

昨日、祖父の容態が急変したと連絡がきた
何度か救急搬送されて、その度に最悪な事態は頭をよぎっていったけど今回は想定していたほぼ最悪な事態だと思った
病院に向かう電車の中で、もう話せないかもしれない、わたしの思っていることを伝えるすべはこうしている間にもなくなってしまうのではないかと考えた時、もっと何かすればよかったという後悔よりも先に、寒かったねいらっしゃい、あけましておめでとうと迎えてくれる祖父母とデカくてふさふさしたしっぽを振るゴン太がいて、みんながいて、大人はお酒でわたしたちはジュースで乾杯した、柔らかくて幸せな毎年のお正月を思い出した
ここ数年は家を出たり、母親と不仲だったりとたくさん心配をかけた祖父に対する1番の思いは後悔ではなく楽しかった事だった、それは私にとってしあわせなことだと思ったし祖父にとってもそれが幸せであればいいと思った

 

処置はしてもらったものの、人工呼吸器を祖父が拒んでいる以上、あとはゆっくり死を待つのだと医者や両親、祖母は言う
祖父は今日も寝たり起きたりを繰り返していた
ねむりのなかでも苦しいと思っているのかもしれないけど、少しでも、犬のいたあの家で過ごしてきた祖母との事やみんながいたお正月の夢を見ていたらいい
起きたら楽しかった話をしようと思う

ビッチ、慶應通信に受かる

聞けおまえら

ビッチ、慶應通信受かりましたー!

イェーーイ

f:id:kgkgokg71:20170927190631j:image

ざっくりいうと現在病みの底すぎて無感情だったんだけどさすがに嬉しかった

大泣きしましたよそれはそれは

もはや学歴ロンダリングに成功したとも言える

え、冷静にすごくない?

高校を中退し高2の冬から全く勉強をせず通信制高校をなあなあで卒業したただのビッチが通信とは言えども慶應に受かりました!ビリギャルの19500000分の1ぐらいすげえと思う

ワーオ!

ちなみに書評を書けという課題はこの他人の批判しかできないクソみたいな能力をぺろっと使いました

たまには役に立つな神様、あざーす!!

まあでも急に善人みたいな事を言うと受かったのはわたしの力と言うより色々アドバイスをしてくれた人々のおかげであると思う、マジで謝謝もはや你好

え、頭悪そうと思ったそこのお前、これでも慶應通信受かりましたァーーーーー!!!!!!ファーーーック!!!!!!!!

とりあえずひとしにまたお金を払ってもらう以上生き延びるぞ